昨日のアクセス数:     本日のアクセス数:     2015.3.4 以降の累計:

 シニアの生活情報室 

世の中に情報はあふれていても、同年代の書き手が少ないせいか、
シニア向けの情報は意外に少ないのです。
どんな些細な事でも結構です。あなたの体験に基づいた、シニアの衣食住や、
老活・終活情報を投稿してください。
なお、ご投稿は「メロウライフ館」へ転載させていただくことがあります。


[トップページへ] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ]
[留意事項] [投稿の手引] [アーカイブ] [管理用] [問い合わせ]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。

  • [No.1354] Re: タッチセンサー 投稿者:七君  投稿日:2017/07/07(Fri) 08:57
    [関連記事

    男爵さん、みなさん こんにちは

    > > なるほど。タッチセンサーと言うものは、静電気を感じるのですよね。
    > > それが、シールを貼ることによって、感じなくなったのです。
    > >
    > > 仕方なく、ちょっと外れたところに貼りつけて、解決しましたが、ちょっと便利さは損なわれました。
    >
    >
    > 身近なところで起きる静電気
    > 対応を考えないといけないわけですね。

    えっ?ちょっと説明が不十分だったのかな?

    静電気を感じてオン・オフするようになっていると思っていますが、
    だから、その上に何かを貼ると、静電気を感じなくなってまずかったのです。


    [No.1353] Re: タッチセンサー 投稿者:男爵  投稿日:2017/07/07(Fri) 06:35
    [関連記事

    七君さん


    > なるほど。タッチセンサーと言うものは、静電気を感じるのですよね。
    > それが、シールを貼ることによって、感じなくなったのです。
    >
    > 仕方なく、ちょっと外れたところに貼りつけて、解決しましたが、ちょっと便利さは損なわれました。


    身近なところで起きる静電気
    対応を考えないといけないわけですね。


    [No.1352] タッチセンサー 投稿者:七君  投稿日:2017/07/03(Mon) 15:57
    [関連記事

    ベッドのそばの灯りを新調しました。
    この頃は、LEDやタッチセンサーを使ったりして、省エネをうたって、格好いいものが出ています。
    それはそれでいいのですが、ベッドサイドなので、手を伸ばして、手探りで操作が出来ないと不便です。
    LEDは関係ないのですが、タッチセンサの方が困ります。
    ひねったり、押したりなど、器械的なスイッチはいいのですが、タッチセンサーはねえ?
    手をのばして触ってもどこにあるかわからないのです。

    そこで、何か貼り付けて、触った時にわかるようにしてやろうと考えました。
    丁度、1cmあるかないかの猫のシールを採用。
    スイッチのマークの上に貼りました。

    ところが、タッチセンサーが利かなくなってしまったのです。
    なるほど。タッチセンサーと言うものは、静電気を感じるのですよね。
    それが、シールを貼ることによって、感じなくなったのです。

    仕方なく、ちょっと外れたところに貼りつけて、解決しましたが、ちょっと便利さは損なわれました。

    と言うお話でした。チョンッチョン。


    [No.1351] Re: 一汁一菜 投稿者:まや  投稿日:2017/07/03(Mon) 07:10
    [関連記事

    夏子さん、お早うございます。

    > まぁ、文字通りに解釈すれば、その通りですよね。
    > しかし、一汁一菜とは、質素な食事、ということの表現が始まりだったようです。
    >
    > >  私が育った家での朝食を思い出しました。たしか、それは一汁一菜と言える
    > > ようなものだったのですが、主食のためのご飯茶碗と副菜のお味噌汁用の椀、
    > > そのほかに漬け物用の小皿を各人の席に準備したものです。
    >
    > よく覚えていらっしゃいますね。私なんか、振り返ってみても、朝はこういうの、
    > 昼はこういうの、晩はこういうの・・・・と言うようには覚えていません(^^ゞ
    > どれが朝食で、どれが夕食だったのかも、定かには思い出せません。
    >
    > 子どもが大勢いて、親は超多忙で、親の目を逃れて、子供同士で、嫌いな食べ物は
    > 好きな子にコッソリやったりして・・・(^^ゞ

     あはは、夏子さんは若いから( ^)o(^ )

     私の年齢の人が食べ盛りのころは戦争たけなわの食糧不足時代でした。
     お米が配給どころか、お米の代わりに配給されたものが「海底から引き揚げた
    海水に浸かったコウリャン」というときもあった時代です。今ではそういう食糧
    難の時代を知る人も少なくなりましたけれど・・・

     私が現在元気にしていられるのは、父が健康保険関係の仕事をしていて、私た
    ちが幼い頃から栄養のある食事ということに関心を払っていたからだと感謝して
    います。それでも無いものは無いので、母は家族の食卓に大変な苦労をしたのを
    おぼえています。荒地の開墾だけでなく、イナカにいる友人知人を訪ねて行って
    食糧を分けてもらうという生活・・・

     話が横にそれましたが、とにかく思い出にある一汁一菜と関連しての話でした。

    まや


    [No.1350] Re: 一汁一菜 投稿者:夏子  投稿日:2017/06/29(Thu) 14:35
    [関連記事

    まやさん、こんにちは。

    >  ここまで来て、どうにも納得できなくて・・・
    >  一汁一菜なら、ご飯の他に一汁一菜のはずですもの。

    まぁ、文字通りに解釈すれば、その通りですよね。
    しかし、一汁一菜とは、質素な食事、ということの表現が始まりだったようです。

    >  私が育った家での朝食を思い出しました。たしか、それは一汁一菜と言える
    > ようなものだったのですが、主食のためのご飯茶碗と副菜のお味噌汁用の椀、
    > そのほかに漬け物用の小皿を各人の席に準備したものです。

    よく覚えていらっしゃいますね。私なんか、振り返ってみても、朝はこういうの、
    昼はこういうの、晩はこういうの・・・・と言うようには覚えていません(^^ゞ
    どれが朝食で、どれが夕食だったのかも、定かには思い出せません。

    子どもが大勢いて、親は超多忙で、親の目を逃れて、子供同士で、嫌いな食べ物は
    好きな子にコッソリやったりして・・・(^^ゞ

    考えてみれば、昼食もどんなのだったか、覚えていません(^^ゞ
    昼食はお弁当が殆どだったので、みそ汁がないくらいで、三食、似たような食事
    だったのかもなぁ、と昔を思い返しています。

    それでも、ご飯とみそ汁だけ、という食事はしてませんでしたね。今、不意に
    思い出しました。あるお宅でお世話になったとき、朝食が、ご飯とみそ汁と漬物だけ
    だったのに驚いた記憶があります(^^ゞ
    夏子


    [No.1349] Re: 一汁一菜 投稿者:まや  投稿日:2017/06/26(Mon) 22:27
    [関連記事

    夏子さん、今晩は!

    > > 土井さんの一汁一菜を検索してみました。
    > >  とても参考になります(#^.^#)
    > >
    > > http://kokocara.pal-system.co.jp/2016/12/19/ichiju-issai-yoshiharu-doi/
    >
    > ありがとうございます<(_ _)>
    > さっそく行ってみました。ほんとに参考になりますね。
    >
    > 写真を見ると、一汁一菜の料理は、ご飯と一椀の汁ものだけで、土井さんの
    > おっしゃる一汁一菜とは、一汁+1菜=具だくさんの一汁、ということかな、
    > と思いました(^o^)/
    >
    > それなら気分的になお簡単(^o^)v 最後の一皿は、あってもなくても良いオマケと
    > 思えばいいわけですね。

     ここまで来て、どうにも納得できなくて・・・
     一汁一菜なら、ご飯の他に一汁一菜のはずですもの。

     私が育った家での朝食を思い出しました。たしか、それは一汁一菜と言える
    ようなものだったのですが、主食のためのご飯茶碗と副菜のお味噌汁用の椀、
    そのほかに漬け物用の小皿を各人の席に準備したものです。

     他に副食が出されることもありましたが、食卓の主な食べ物としては漬け物
    を欠かすことはありませんでした。漬け物は「物」が変っても欠けるべからざ
    る一皿で、ほとんどの場合、大皿に盛って食卓の中央に供され、各人が小皿で
    少量を自分で取り分けて食べたものです。この漬け物にこそ、これぞ「我が家
    の味」というものがあったように思います。

    まや


    [No.1348] Re: 一汁一菜 投稿者:夏子  投稿日:2017/06/21(Wed) 13:28
    [関連記事

    まやさん、こんにちは。

    > 土井さんの一汁一菜を検索してみました。
    >  とても参考になります(#^.^#)
    >
    > http://kokocara.pal-system.co.jp/2016/12/19/ichiju-issai-yoshiharu-doi/

    ありがとうございます<(_ _)>
    さっそく行ってみました。ほんとに参考になりますね。

    写真を見ると、一汁一菜の料理は、ご飯と一椀の汁ものだけで、土井さんの
    おっしゃる一汁一菜とは、一汁+1菜=具だくさんの一汁、ということかな、
    と思いました(^o^)/

    それなら気分的になお簡単(^o^)v 最後の一皿は、あってもなくても良いオマケと
    思えばいいわけですね。

    昨夜の一汁の新顔は、芽の出たさといもでした(^^ゞ
    芽の出たような芋が、食べられるだろうか?と思いましたが、白くてふっくら、
    美味でした\(^o^)/

    まぁ、ジャガイモでも玉ねぎでも、日ごろから、芽が出ていても、そこを切り捨てる
    だけで、平気で食べている私が、さといもだけを除外することもないでしょう(^^ゞ

    今度は、お隣の畑から越境して、我が家で元気にはびこっているニラを入れて
    みようかな(^^ゞ
    夏子


    [No.1347] Re: 一汁一菜 投稿者:まや  投稿日:2017/06/20(Tue) 11:45
    [関連記事

    夏子さん & 皆さん、こんにちは!

    土井さんの一汁一菜を検索してみました。
     とても参考になります(#^.^#)

    http://kokocara.pal-system.co.jp/2016/12/19/ichiju-issai-yoshiharu-doi/

    まや


    [No.1346] Re: 一汁一菜 投稿者:夏子  投稿日:2017/06/20(Tue) 10:47
    [関連記事

    くるくるさん、こんにちは。

    > 夏子さん、作り方をご紹介下さって有難うございます。
    >
    > 土井さんの、一汁一采は知っていましたが、作り方は知りませんでした。

    もしかしたら、あれは作り方の一つで、著書を読めば、違ったやり方もあるかも
    しれません。本も読んでみたいですね。

    > 土井さんがテレビで、「お料理、色んな物作らなくてはいけないと、思わなくて良いのです。 
    > 具沢山の一汁と一皿のおかずがあれば、充分なのですよ。
    > 料理を難しく考えなくて良いのです。」
    >
    > と示して、「料理の呪縛から解放されたと言う方が続出したのですよ」と
    > 仰っていたのを見ました。

    一皿のおかずは、漬物とか生野菜でもよかったりしてね・・・(^^ゞ
    たしかに、料理の呪縛は、この方法を知ることで、私も解けたと思います。

    家族が減るにつれて、作る料理が減って行きました(^^ゞ
    1人になると、それまでは他の家族のために、好きでなくても作っていた料理は
    作らなくなりました(^^ゞ

    それに対する罪悪感のようなものも、ありましたからね。
    土井先生様様ですヽ(^o^)丿
    夏子


    [No.1345] Re: 一汁一菜 投稿者:くるくる  投稿日:2017/06/17(Sat) 22:53
    [関連記事

    夏子さん、お啓さん こんばんは。

    夏子さん、作り方をご紹介下さって有難うございます。

    土井さんの、一汁一采は知っていましたが、作り方は知りませんでした。

    土井さんがテレビで、「お料理、色んな物作らなくてはいけないと、思わなくて良いのです。 
    具沢山の一汁と一皿のおかずがあれば、充分なのですよ。
    料理を難しく考えなくて良いのです。」

    と示して、「料理の呪縛から解放されたと言う方が続出したのですよ」と
    仰っていたのを見ました。

    バランス面さえ気をつければ、とても合理的で、料理苦手な方、忙しい方の
    気持ちが楽になる、良き指針だと思いました。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 |


    - Web Forum -   Modified by isso