メロウ植物園 
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.54680] Re: 眉刷毛 投稿者:Pan  投稿日:2018/09/05(Wed) 23:15
[関連記事

夏子さん、meguさん、七君さん、みなさん こんにちは。

> 今で言えば、眉ブラシでしょう。

 そうだと思います。

> 埃を払うためではなく、眉毛に付いたおしろいを払うためのものです。
> 男性には分からないと思いますが(^^ゞ

 アハハ、『おしろい』は 昔だったらどんな男性でも判ると思いますが、
最近の若い子には無理かも知れませんね。

> 通常、ファンデーション(シミとかシワとか隠して顔をきれいに見せる
> 化粧品)を施した上にはたくのがおしろい、いわゆる粉白粉ですね。

 若くない私には十分判りますね。

> 昔は、このブラシを「眉はき」と言ったんだそうで(私は、もちろん
> 知りませんが(^_^;)、画像で見ると、やはり、眉刷毛オモトの花に
> 似ていますね。
>
> 眉掃草(マユハキグサ)という植物は、ヒトリシズカ、または、ワタスゲの
> 別名とネットにはありました。

 「眉はき」の役目を果たすものだったら、一先ずなんでもよさそうですね。

> ヒトリシズカの花は、これが刷毛に見えるのかな、と思いますが、ワタスゲは
> たしかに眉を軽く払える刷毛のように見えますね(^o^)/

 器用に使えば使えそうなものはいろいろありそうです。

 平安時代には米粉をいわゆる美顔料の基本に使ったといいますね。

> 眉ブラシは、おしろいをはたくほかに、眉の毛並みを整えたり、眉墨を自然に
> ぼかしたりするのにも役立ちます。

 顔を整える『箒』と思えばピッタリです。


    ***** Pan *****


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ※必須
文字色
書込暗証番号(必須 半角で7080を入力)
Eメール(必須 非公開を推奨) 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ  手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←100kB程度まで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

プレビューは、下書きとして保存することができます


- 以下のフォームから自分の投稿記事を削除することができます -
- 自分の投稿記事に返信(レス)が付いている場合は削除をご遠慮ください -

処理 記事No 暗証キー