メロウ植物園 
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.54398] Re: ムラサキツユクサのタネ 投稿者:Pan  投稿日:2018/08/07(Tue) 01:05
[関連記事

meguさん、みなさん、こんばんは。

> 先日送ったムラサキツユクサの白い花ですが、イロイロ見たのですが、あの時だけの白花だったんですよ。何でそうなるの?と自問自答しましたが、結論から言うとあれはですね、除草剤撒布の影響だった様なのです、あの時の株に数本印をしてたのですが、その後の残りの花はブルーだけでした。除草剤の成分を見たのですがグリホサート系でした。
> グリホサート系ってのはホルモン剤?かと思い検索したのですが安全と危険が拮抗状態の説明感ありでした、でも結論からすると危険性の度合の方が高いですね。

 何だか狐に抓まれた感じですが、青花に戻ったという事ですか?

 あり得る事ですね。

 それを確かめようと思ったら、もう一度除草剤を散布して見たら再現しそうですね。
 しかし、薬が効きすぎて枯れてしまうかも知れませんね。

> 何を信じていいんだべか?地下水の汚染迄言われるとなぁ〜んも使用不可ですね。
> 今の農家で除草剤を使用しないなんて家は皆無ですよね。
>
> 非農耕地専用撒布だってオイオイだわね、最終的にはぜ〜〜〜んぶ地下水に流入しますよぉ〜〜〜説明書きもテキトーですね。農水省でも試験はしてないとか、結果からの安全宣言なんてしてないそうですからね。

 私も田舎の庭の一部(駐車範囲)に除草薬を撒いてみた事があります。
 確かに良く効きましたが、しばらくしたらまた生えてきましたよ。

 それも無理はないと思います。 周囲には草がいっぱい生えています
から、新たな種が撒き散らされます。

 散布された除草薬自体も時間が経てば分解されるのでしょう?


    ***** Pan *****


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ※必須
文字色
書込暗証番号(必須 半角で7080を入力)
Eメール(必須 非公開を推奨) 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ  手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←100kB程度まで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

プレビューは、下書きとして保存することができます


- 以下のフォームから自分の投稿記事を削除することができます -
- 自分の投稿記事に返信(レス)が付いている場合は削除をご遠慮ください -

処理 記事No 暗証キー