メロウ植物園 
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.53882] Re: 綿羊 投稿者:夏子  投稿日:2018/06/12(Tue) 10:41
[関連記事

Pan さん、男爵さん

> > 羊の毛は、ウールとか羊毛とか言って、綿とは違うもの、という認識が
> > あるのに、名前は綿が付くとはちょっと不思議。
> >
> > だから、綿羊という言葉が廃れたんでしょうかね?

>  「羊」は地域にもよりますが、穏やかな生き物ですから人類
> の歴史時代から家畜として飼い慣らせてきて、肉を食用とし、
> 毛を衣類の原材料として使ってきています。
>
>  世界全体でみると日本は羊或いは綿羊の飼育されるウエイト
> は極端に低い方でしょうね。

そうですか。山が多くて、草地が少ないせいでしょうかね。

>  モンゴル辺りでは、パオでジンギスカン鍋の御馳走になり、
> 翌朝外へ出ると剥いだばかりの皮が牧場のフェンスにペロンと
> 掛けてあってギョッとする事がしばしばです。

思わず笑った(^o^)/ そりゃ、ギョッとするでしょう。
モンゴルの遊牧民だったら、羊は、何から何まで利用するんでしょうね。

毛に皮に身に内臓、血、排せつ物に至るまで利用されているのではないかと
いう気がします。

どっか、よその国の話と混じっているのかもしれませんが、毛と頭と内臓を
抜いた体の中に空気を入れて首の部分を縛り、その上にいかだを載せ、
川で荷物の運搬に使うのは、モンゴルではなかったっけ??

排せつ物は、乾燥させて燃料にするとか、レンガの代わりにもなったけかな?

うろ覚えで書いてます<(_ _)>

>  全く同じ物でもその地域的或いは歴史的な経過によって違う
> 名前で呼ばれることがあり、厳密に使い分けようとすれば無理
> のある場合があると思います。
>
>  勿論品種も多いでしょうから、日本では単純に羊毛にウエイ
> トのある場合には綿羊と言いうのだと思っています。
>
>  だから肉食にウエイトのある場合は毛皮を使っても綿羊とは
> 言わないと思います。
>
>  以上根拠のない意見です。

うん、たしかに根拠のないご意見かもね(^^ゞ
検索したところによると、綿羊とは、羊毛ばかりでなく、食用でも言う
ようですよ。

検索した時に、最初に出てきたのが、「めんよう亭」という羊肉レストランで、
ということは、北海道では綿羊=家畜の羊、で通っているのかも、と思いました。
夏子


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ※必須
文字色
書込暗証番号(必須 半角で7080を入力)
Eメール(必須 非公開を推奨) 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ  手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←100kB程度まで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

プレビューは、下書きとして保存することができます


- 以下のフォームから自分の投稿記事を削除することができます -
- 自分の投稿記事に返信(レス)が付いている場合は削除をご遠慮ください -

処理 記事No 暗証キー