メロウ植物園 
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.52415] Re: ナナカマドは若死にかも 投稿者:Pan  投稿日:2018/02/21(Wed) 23:26
[関連記事

夏子さん、男爵さん、みなさん こんばんは。

> お二人のやり取りを読んでいて、ソメイヨシノが突然枯れることが多いのは、
> 木を枯らすキノコだったか、菌にやられることが多いからだ、と、いう話を
> 思い出して、もしや、ナナカマドにもそういうことがあるのでは、と検索して
> みました。

 「植物の寿命」と「動物の寿命」の意味は同じでは無さそうですね。

 ではどう違うのかと言われても困りますね。植物には寿命は無いと言
う人もあります。

> ナナカマドの場合には、そんな説は見受けませんでしたが、木自体が
> 枯れやすい、と書いてあるのを何件も見つけました。
>
> 環境が合っていると思われる北国でも、そうらしいです。

 ナナカマドはどうなのか知りませんが、ちょっと剪定するだけでも、
その部分から腐り始め、全体が死んでしまう事は良くある事ですね。

 植え替えで根が傷んだ場合も枯れる事はよくあります。

 それと『寿命』を結び付けるのはいかにも無理ですが、こんな場合は
寿命と言うより一種の傷病死でしょうね。

 だから、手当さえ的確だったら腐らずに乗り越えられる筈です。

> だから、過剰な剪定をして枯れたというより、案外、自然死なのかもと
> 思いました。この推測、当たっているかどうかは分かりませんが(^^ゞ
>
> 動物の種によって寿命があるように、樹木にもありそうな気がします。

 植物では『挿し木』や『接ぎ木』をする事が多いですが、あれは同一
の『命』が別の場所で生き続けるのですから、ある意味で「永遠の寿命」
とも言えそうです。

 それを更に拡張解釈すると、種から芽が出て育っても命の延長ですか
ら、別の個体が新規に忽然と発生したのでは無いとも言えます。

 それを言い出すと一種の『言葉遊び』にさえなりかねません。

 困ってしまいますね。(-_-)


    ***** Pan *****


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ※必須
文字色
書込暗証番号(必須 半角で7080を入力)
Eメール(必須 非公開を推奨) 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ  手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←100kB程度まで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

プレビューは、下書きとして保存することができます


- 以下のフォームから自分の投稿記事を削除することができます -
- 自分の投稿記事に返信(レス)が付いている場合は削除をご遠慮ください -

処理 記事No 暗証キー