メロウ植物園 
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.51275] Re: 千成瓢箪 投稿者:Pan  投稿日:2017/10/08(Sun) 07:45
[関連記事

まやさん、みなさん こんにちは。

>  今住んでいるところでは、瓢箪愛好会(?)のようなものがあって、毎年
> 瓢箪の製品の品評会が開かれるのですが・・・。

 ヒョウタンは一つづつ形が違うので、それも楽しみですね。

 長ーくなる瓢箪もあって1m以上のも見ましたよ。
 
>  近くで千成瓢箪がなっているのを見たこともあります。
>  よく熟れた瓢箪を乾燥させて中を取り出してから整形するのかな? 
>  良く知りません・・・

 古代から器としての用途が盛んだったようです。

 「養老の滝」で孝行息子が滝壺の水を汲んだ絵も瓢箪でしたね。(^-^)

 あの滝壺へ行ったとき、私も一口飲んでみましたよ。(^^)
 瓢箪が手元に無かったので、手で掬って飲んだのが悪かったようです。

 一度、 国立民族学博物館で「瓢箪展」があって、わざわざ見に行ったこと
を思い出しました。

 液体や粒体の保存・運搬には最適のもので、世界中、特にアフリカで多く使
われたようです。

>  「へちま」だったら成熟した作ったことがあるのですけれど・・・

 ヘチマ聞いて思い出すのは正岡子規の俳句『痰一斗ヘチマの水も間に合わず』
ですね。

 小学生の時は真冬に耐寒訓練と言うのがあって、ヘチマ束子で毎朝起きた時
乾布摩擦をしたことがあります。

 寒いので厭でしたね。(*_*)


   ***** Pan *****


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ※必須
文字色
書込暗証番号(必須 半角で7080を入力)
Eメール(必須 非公開を推奨) 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ  手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←100kB程度まで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

プレビューは、下書きとして保存することができます


- 以下のフォームから自分の投稿記事を削除することができます -
- 自分の投稿記事に返信(レス)が付いている場合は削除をご遠慮ください -

処理 記事No 暗証キー