[掲示板へもどる]
一括表示

[No.7860] 元禄の薩長連合 投稿者:男爵   投稿日:2017/04/21(Fri) 06:04
[関連記事

  元禄の薩長連合
画像サイズ: 600×450 (65kB)
元禄の薩長連合

「大日本史」を書いた水戸光圀  南朝正統論(足利尊氏は忠臣、楠木正成は逆賊 これを逆転させた) 光圀は版籍返上の考え?  光圀は尊皇敬幕

そういう噂を立てたのは、長州藩と薩摩藩? かれらの狙いは、尾張徳川家と水戸徳川家の対立分断 そして薩長連合で倒幕計画

 介(すけ)さんは薩摩藩  覚さんは長州藩 大日本史編集についての史跡調査と古文書探査と称して、薩長の動きを光圀はさぐらせようとするが.....

 しかし、介さんも覚さんも、領国に入れず。

ただ下記の事実を探ってきて、水戸光圀に報告した。
  長州藩の元旦の"獅士の廊下の儀"(今年は徳川を討ちますか 今年はやめておこう)
  薩摩藩の"妙円寺参り"(島津義弘を偲び、武士たちが鎧兜に身を固め城下から妙円寺にお参り)

水戸光圀のところに、威しに来た薩摩の使いに対して
光圀は反対に薩摩の行動はすべて見とおしていると言い返す。

琉球国は清国の冊封を受けているが、薩摩藩は琉球国を支配していることになっている。幕府には報告せず。 この情報を朱舜水から光圀は得ていたのだ。 琉球国の対中国朝貢貿易から甘い汁を吸う薩摩藩 光圀は知っていた。

    大活字 童門冬二集  げんだい時代小説


東大農学部はかつて水戸屋敷だった。

ここで儒学者朱舜水から光圀はシナソバ(ラーメン)をご馳走になった。


[No.7861] Re: 元禄の薩長連合 投稿者:男爵  投稿日:2017/04/21(Fri) 18:53
[関連記事

Re:   元禄の薩長連合
画像サイズ: 423×600 (68kB)
> 東大農学部はかつて水戸屋敷だった。

> ここで儒学者朱舜水から光圀はシナソバ(ラーメン)をご馳走になった。

東大農学部の中にある
朱舜水の記念碑。


[No.7862] 黄門ラーメン 投稿者:男爵  投稿日:2017/04/22(Sat) 05:19
[関連記事

黄門ラーメン
画像サイズ: 389×545 (25kB)
> > 東大農学部はかつて水戸屋敷だった。
>
> > ここで儒学者朱舜水から光圀はシナソバ(ラーメン)をご馳走になった。

黄門ラーメン

水戸黄門が食べた中国の麺。これぞ日本人が初めて食べたラーメン。

中国に憧れ儒学を学びたかった黄門様。
高名な儒学者の朱舜水(しゅしゅんすい、1659に帰化)を苦労して交渉して1年かかって
長崎から江戸に迎えることができた。


黄門様は東京小石川後楽園の造築にあたっても、
朱舜水の意見にしたがい中国趣味を付け加え、中央に池、四方に築山を配して
各地の名所にちなむ堂社や亭(ちん)を建てた。


黄門様から手打ちうどんをご馳走になった朱舜水は喜んだ。
そして黄門様が麺好きなことも知った。
それならというわけで、おかえしに中国の麺を作ってご馳走した。

スープは豚の腿肉(ももにく)を塩漬けにした中国式ハムの火腿でとった。
麺は小麦粉につなぎとして藕粉(レンコンからとった料理用の澱粉)を使った。

さらに薬味は「川椒(チュアンヂャオ)」「青蒜絲(チンスァンスウ)」
「黄芽韮(ファンヤアヂウ)」「白芥子(バイヂェヅ)」「芫妥(妥は草冠)(イェンスイ)」
の5種類であった。
「川椒」は山椒のことだが、四川省の山椒という意味である。
「青蒜」は葉ニンニクのこと。「黄芽韮」は黄色いニラの若芽のこと。
「白芥子」は白カラシのこと。「芫妥(妥は草冠)」は香菜のことであった。

この黄門様の食べたというラーメンは新横浜のラーメン博物館に展示されている。